ページトップ

志英館の中学部

HOME » 志英館の中学部

無料体験期間のお知らせ

19年03月15日

志英館では3月から新学年の授業を行っています。
4月からではなく、「」から勉強を始め、
1学期中間テストで自己ベストを目指しましょう。

塾を検討中の方は、
まずは1週間の無料体験授業にご出席ください。

◇無料体験期間◇
3/18(月)~3/23(土)
・新中3(現中2)-(水)(木)(土)夜7:20~9:50(55)
・新中2(現中1)-(火)(金)夜7:20~9:50
・新中1(現小6)-(火)(金)夜7:20~9:50

※無料体験授業参加はお電話にてご予約ください。

3月生無料体験受付中のサムネイル

県立入試直前ワンポイントアドバイス【数学編】

19年02月25日

県立高校入試まであと3日のサムネイル
県立高校入試直前ワンポイントアドバイス
最終回は数学編

①約50点分ある大問1で点をかせぐ
*規則性の問題は時間があればすべて書く。または、関数の式にする。
*学校選択の2次関数の変域は思考力を問う問題なので注意する。
②作図問題で落とさない
*基本の技は4つ(2つ組み合わされて出るときもある)
*三平方の定理を混ぜた問題に注意する(面積2倍等)
③証明問題を白紙で出さない
*パターン演習通り書く。
*5行の問題か7行の問題かを確認して書く。
*証明は7点問題なので1行1点の換算で書く。

入試まであと3日!Never give up!

 

県立入試直前ワンポイントアドバイス【社会編】

19年02月25日

県立入試直前ワンポイントアドバイス
今回は社会編です。

□表の読み取り問題
大問1の表の読み取り問題が苦手な人は多いです。
数字がたくさん並んでいるため、
それを見るだけでもうイヤになるという声をよく聞きます。
ただ、逆に言えば、
数字がはっきりと書いてあるので
解き方さえ知れば必ずできるようになります

◇ポイント
しるしをつけること
人口や発電量などは多い順に数字を、
輸入・輸出は不等号で大小をメモするなどすれば分かりやすくなります。

計算は必要最小限におさえる
人口密度や割合などのキーワードがあれば計算をします。
・人口密度…人口(人)÷面積(㎢)
・割合…「くもわ」の図(割合[わ]=比べる量[く]÷もとになる量[も]など)
ただし、選択肢を見て比較されているのが2つだけだった場合は、
残りのものは計算しなくても大丈夫です。
必要なものだけを計算すれば、時間も短縮できます。

□グラフの読み取り・記述問題
記述問題は、キーワードを押さえて簡潔に書きます。
記述問題は書かなければ絶対に〇にはならず、
多少文章に違和感があっても△はもらえます。
ですからまずは書きましょう。

◇アドバイス
何を答えるべきなのかを確認
記述問題はただ何でもかんでも説明すればよいというわけではありません。
多くの場合、問題文が長くなっていますが、
記述すべき部分に線を引くなどしてまずは確認します。
その後で、各グラフから必要なデータを得て、答えを繋げます。
そして書き終えたら、
問題文・自分の記述をつなげて読み、見直しをしましょう。

社会は直前まで勉強を続ければ、
まだまだ得点力を上げることができる科目です。
あきらめずに、1点でも多く得点できるように
がんばりましょう。

公立ポイントのサムネイル